西日本新聞「食べてにっこりアイドル動画配信」ルネサンス・プロジェクトが応援企画

[2017.04.21]

西日本新聞 2017年4月21日(金)

食べてにっこりアイドル動画配信〜ルネサンス・プロジェクトが応援企画〜

福岡で活躍するアイドルを元気づけようと「地元アイドル応援し隊」と銘打った企画が始動した。仕掛けたのは、焼酎の企画開発を手掛ける福岡市中央区の酒類卸売会社「ルネサンス・プロジェクト」。

20歳以上のアイドルたちに食事と焼酎を味わってもらい、その様子をインターネット動画などで配信。彼女たちの笑顔とともに、福岡の料理店や自社商品の売り込みも図るアイデアだ。

4月17日、博多区中洲の日本料理店「味美」に。地元アイドル「QunQun(キュンキュン)」のメンバー6人の歓声が響いた。

格付け本「ミシュランガイド」で高評価「一つ星」を獲得した店で、カウンターに並んだのは桜エビのしんじょ、合馬タケノコとイイダコの炊き合わせなど。料理を提供した店主の河原畑豪二さん(48)は「多くのお客さんに支えられて今の自分がある。彼女たちにも頑張ってほしい」と話す。

企画を持ちかけたのは、ルネサンス・プロジェクトの中村鉄哉社長(57)。福岡は全国有数のご当地アイドル"激戦地"で、彼女たちは頻繁にテレビや雑誌に出るわけではない。多くが副業をしながら生計を立てている状況を知り、思い立ったという。

QunQunメンバーで、ホテルのベッドメーキングのアルバイトをしている山岡由佳さん(27)は「あんなに弾力感のあるアナゴを初めて食べた。元気になれました」と笑顔。この日は世界ボクシング評議会(WBC)女子ミニフライ級チャンピオンで、店の常連の黒木優子選手(26)も同席。メンバーが食事のお礼に歌を披露する場面もあり、店内は華やいだ。

彼女たちの様子は5月以降、動画投稿サイト「ユーチューブ」で配信するほか、同社発行のグルメ雑誌「OPEN」でも紹介する。同社は今後、他のアイドルグループも対象に、不定期で企画を継続していく方針。中村社長は「少子高齢化が進む中、アイドルの健全な魅力が社会に活力を与えるきっかけにしたい」と話している。


Copyright ©  Renaissance Project Co.,Ltd. All Right Reserved.